January 29, 2020 / 5:00 PM / 18 days ago

米ボーイング、19年通期は22年ぶり赤字 墜落機の運航停止響く

[29日 ロイター] - 米ボーイング(BA.N)が29日発表した2019年通期決算は、墜落事故を起こした旅客機737MAX型機の長引く運航停止が業績を圧迫し、純損益は前年の104億6000万ドルの黒字から6億3600万ドルの赤字に転落した。赤字転落は1997年以来22年ぶり。

737MAXの運航停止に伴う費用は通期で146億ドルに上り、当初の見込みである80億ドルを大幅に超えた。当該費用には墜落事故の訴訟で発生し得る和解金や補償金などは含まれていない。さらに費用は今年、追加で40億ドル増える見込みだ。

ただ、市場では737MAXの関連費用が一部の予想ほど膨らまなかったとして安心感から株価が上昇。午後の取引では2%高の323ドル近辺で推移した)。株価は昨年3月以降、約4分の1目減りしている。

今月就任したカルホーン社長兼最高経営責任者(CEO)は「取り組むべき課題は山ほどある」と認めた。焦点になる737MAXの運航再開時期については、今年の年央前に再開が承認される可能性も指摘されているが、カルホーン氏は承認に向けた工程条件を満たし、年央までに承認を得ることは可能との認識を示した。

ボーイングにとって「身内」であるカルホーン氏に社内改革は無理ではないかとの批判には、過去10年間、自身が経営の最前線にいたことは事実だとした上で、企業文化の変革に取り組むと約束した。

第4・四半期の中核営業損益は25億3000万ドル(1株2.33ドル)の赤字。前年同期は38億7000万ドル(同5.48ドル)の黒字だった。アナリスト予想は1株1.47ドルの黒字だった。

四半期のフリーキャッシュフロー(純現金収支)は26億7000万ドルのマイナス。前年同期は24億5000万ドルのプラスだった。スミス最高財務責任者(CFO)はキャッシュフローの改善は21年まで見込めないと指摘した。

中型旅客機787ドリームライナーについては追加減産の意向を表明。同社は昨年、20年終盤からドリームライナーの生産機数を月間14機から12機に削減する方針を示しているが、今回さらに21年初頭以降10機に減らす予定を明らかにした。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below