July 24, 2019 / 1:01 PM / a month ago

米ボーイング、第2四半期は約30憶ドルの最終赤字 運航停止響く

[24日 ロイター] - 米ボーイングが24日発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は、最終損益が29億4000万ドルの赤字となった。旅客機「737MAX」の運航停止延長が響いた。

前年同期は22億ドルの黒字だった。

売上高は35%減の157億5000万ドル。リフィニティブのIBESデータによると、予想平均は185億5000万ドルで、これを下回った。

同社は前週、737MAXの運航停止に伴う混乱の影響で、第2・四半期決算に49億ドルの税引き後特別損失を計上すると発表。現在の2019年の見通しにはこれらの影響が反映されていないため、今後、新たな見通しを公表するとした。

また先月発表したエンジン入荷の遅れにより、新型「777X」の初飛行を2020年初めまで先送りするとし、2020年末に初めて納入するという現在の計画も重大なリスクに直面しているとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below