January 7, 2019 / 6:33 AM / 11 days ago

ゴールデン・グローブ賞、クイーン伝記映画が作品賞と主演男優賞

 1月6日、第76回ゴールデン・グローブ賞の発表・授賞式が米ロサンゼルス郊外のビバリーヒルズで開かれ、英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」がドラマ部門の作品賞に選ばれた(2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 6日 ロイター] - 第76回ゴールデン・グローブ賞の発表・授賞式が6日、米ロサンゼルス郊外のビバリーヒルズで開かれ、英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」がドラマ部門の作品賞に選ばれた。

同作品の中でボーカルの故フレディ・マーキュリーさんを演じたラミ・マレック(37)も、ドラマ部門の主演男優賞を受賞した。

ドラマ部門の主演女優賞は「アリー/スター誕生」で映画初主演のレディー・ガガが有力視されていたが、「天才作家の妻─40年目の真実─」(日本公開1月26日)のグレン・クローズが受賞した。

レディー・ガガは、「アリー/スター誕生」の主題歌「シャロウ」で主題歌賞を獲得した。

外国映画賞にノミネートされていた是枝裕和監督の「万引き家族」は受賞を逃した。同賞はアルフォンソ・キュアロン監督のメキシコ映画「ローマ」が選ばれた。キュアロン監督は監督賞も受賞した。

また、細田守監督の「未来のミライ」もアニメ映画賞にノミネートされていたが、受賞を逃した。

ゴールデン・グローブ賞は、2月に行われる米アカデミー賞の前哨戦となる。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below