October 10, 2019 / 4:09 AM / 7 days ago

企業の資金需要増加、投資スタンスも徐々に積極化=雨宮日銀副総裁

 10月10日、雨宮正佳日銀副総裁(写真)は、衆議院予算委員会で、日銀が金融緩和を進める中で企業の資金需要は増加しており、投資スタンスも徐々に積極化しているとの認識を示した。写真は都内で7月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 10日 ロイター] - 雨宮正佳日銀副総裁は10日、衆議院予算委員会で、日銀が金融緩和を進める中で企業の資金需要は増加しており、投資スタンスも徐々に積極化しているとの認識を示した。

井野俊郎委員(自民) の質問に答えた。

雨宮副総裁は、企業部門の貯蓄超過が続いている背景について、1)バブル崩壊以降の低成長、2)デフレ下での投資スタンスの慎重化、3)金融危機を経験したことによる手元現金選好の高まり──の影響が残っていると説明。ただ「日銀が金融緩和を進める中で、企業の資金需要が増加していることも事実」として「投資スタンスも徐々に積極化しており、こうした中で貯蓄超過幅は縮小してきている」とも付け加えた。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below