March 5, 2018 / 7:18 AM / 7 months ago

金融緩和の効果と副作用の比較重要、検討課題は多岐=雨宮・日銀副総裁候補

[東京 5日 ロイター] - 日銀の次期副総裁候補に指名された雨宮正佳・日銀理事は5日午後、衆院議院運営委員会で所信表明を行い、金融緩和の副作用として「資産価格の行き過ぎ(バブル化)、金融機関経営へのマイナス、利子所得の減少」を挙げた。現時点では「効果が副作用を上回っている」が、「効果と副作用の比較が重要」との方針を示した。

 3月5日、日銀の次期副総裁候補に指名された雨宮正佳・日銀理事は、衆院議院運営委員会で所信表明を行い、金融緩和の副作用として「資産価格の行き過ぎ(バブル化)、金融機関経営へのマイナス、利子所得の減少」を挙げた。写真は都内で2013年10月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

日銀の大規模な金融緩和によって「日本経済はデフレ脱却に向けて、着実に歩み始めている」と評価する一方、「歴史的に類を見ない政策なので、効果や副作用の評価や出口(緩和縮小)など検討課題は多岐にわたる」との見解も示した。

竹本能文 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below