for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日銀の10年356回債保有額が6月末から減少、補完供給オペで一部返品免除か

[東京 13日 ロイター] - 日銀が12日夕に公表した7月8日時点の国債の銘柄別保有残高によると、10年債356回債の保有額が6月末から減少したことが分かった。

市場では「日銀が毎日指し値オペを行っているチーペスト銘柄であり、市場の流動性低下に鑑みて、国債補完供給オペで同銘柄の返品を一部求めなかった可能性がある」(野村証券のチーフ金利ストラテジスト、中島武信氏)との見方が出ている。

日銀が保有する10年356回債は、6月30日の5兆3120億円から7月8日は5兆1336億円に減少した。

国債補完供給オペは、日銀が市場参加者に流動性が低下している銘柄を一時的に貸す制度であり、市場参加者は期日が来れば返品しなければならない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up