April 27, 2020 / 10:16 AM / a month ago

日銀国債買入、5月は中長期債を増額 超長期債は据え置き

[東京 27日 ロイター] - 日銀は27日、5月の「当面の長期国債等の買入れの運営について」を公表した。中長期債を増額させる一方、超長期債は据え置かれた。レンジの中央値で試算すると月間トータルで3750億円の増額になる。

4月27日、日銀は、5月の「当面の長期国債等の買入れの運営について」を公表した。日銀で2019年1月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

オファー額のレンジと回数は、

「1年超3年以下」が2000─5000億円を6回(4月は2000─4500億円で6回)

「同3年超5年以下」が2000─5000億円を5回(同1500─4000億円で6回)

「同5年超10年以下」が2000─5500億円を5回(同2000─5000億円が5回)

に修正された。

増額されたゾーンのレンジ中央値と、直近オペのオファー額は、

1─3年:3500億円(6回で2兆1000億円)、3200億円(6回で1兆9200億円)

3─5年:3500億円(5回で1兆7500億円)、2800億円(6回で1兆6800億円)

5─10年:3750億円(5回で1兆8750億円)、3500億円(5回で1兆7500億円)

となり、月間では3750億円の増額の見通しだ。

一方、「1年以下」、「10年超25年以下」、「25年超」、物価連動債、変動利付債は、レンジ、回数ともに据え置かれた。また国庫短期証券(TB)の買い入れについて、当面1回あたりのオファー額5000億─3兆円をめどとすることも発表された。

市場では「補正予算編成に伴う国債増発も中短期ゾーンが中心だった。それに沿ったオペの増額とみられる。いったん金利低下要因になったとしても、長くは続かないだろう」(国内証券)との見方が出ていた。

日銀は27日の金融政策決定会合で、長期国債の買い入れめどであった80兆円を撤廃。「上限を設けず必要な金額の長期国債を買い入れる」とした。債券市場の流動性が低下している中で、「政府の緊急経済対策で国債発行が増加することの影響」も踏まえ、当面は長期国債、短期国債ともにさらに積極的な買い入れを行うとした。

伊賀大記

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below