February 27, 2020 / 6:24 AM / a month ago

中銀デジタル通貨を発行すべきかは重要な検討課題=雨宮日銀副総裁

 2月27日、日銀の雨宮正佳副総裁(写真)は、日銀本店で開いた「決済の未来フォーラム」であいさつし、デジタル社会で「中央銀行マネーをどのような形で提供していくべきか、わが国の決済インフラの将来像を考えていく上で極めて重要なテーマだ」と述べた。写真は都内で昨年7月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 27日 ロイター] - 日銀の雨宮正佳副総裁は27日、日銀本店で開いた「決済の未来フォーラム」であいさつし、デジタル社会で「中央銀行マネーをどのような形で提供していくべきか、わが国の決済インフラの将来像を考えていく上で極めて重要なテーマだ」と述べた。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究が各国で進む一方、日本を含む欧米先進国では「CBDCの発行の必要性が高まっているわけではない」との見方を示した。

雨宮副総裁は「現時点では、国民の中銀マネーへのアクセス確保のために、新し措置を講じなければならない状況ではない」と指摘。より広く、決済制度や金融システム全般に与える影響を含めた総合的な検討が必要だとした。

雨宮副総裁は、決済システムと中銀マネーの将来像についても発言。中銀マネーを一元的に中央銀行が供給し、民間銀行が中銀マネーを核とする信用創造を通じて預金通貨を供給する「二層構造」は今後も変わらないと説明した。

また、「中銀マネー、民間マネー、両者の相互関係を念頭に置いて、決済システム全体の機能の向上策を検討することが重要だ」と述べた。

浜田寛子 編集:内田慎一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below