Reuters logo
物価1%継続なら、日銀は長期金利0.2─0.3%程度に調整も=門間氏
2017年11月8日 / 10:24 / 13日後

物価1%継続なら、日銀は長期金利0.2─0.3%程度に調整も=門間氏

[東京 8日 ロイター] - 元日銀理事の門間一夫・みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミストは、8日のロイター・プレミアムニュースセミナーでパネルディスカッションに参加し、物価が1%程度の状態が続くようであれば、日銀は現在ゼロ%程度に固定している長期金利目標を「0.2%、0.3%程度に引き上げる可能性はある」とした。

 11月8日、元日銀理事の門間一夫・みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミストは、物価が1%程度の状態が続くようであれば、日銀は現在ゼロ%程度に固定している長期金利目標を「0.2%、0.3%程度に引き上げる可能性はある」とした。写真は日銀、2016年9月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

門間氏は「今の日銀がもっとも恐れているのは政策を微調整した後に景気が悪化すれば全ての責任を日銀が負わされること」と指摘。長期金利目標を「一気に0.5%程度まで引き上げるとは考えにくい」とも述べた。

欧米中銀が出口方向に向かっているが、日本は欧米と異なり物価上昇ペースが緩慢で、2%目標の達成まで距離があるため、金融緩和は当面続くとの見通しを示した。

竹本能文

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below