January 14, 2020 / 1:09 AM / 12 days ago

銀行・信金の12月貸出平残は+1.8%、13年6月以来の低い伸び=日銀

 1月14日、日銀が発表した2019年12月の貸出・預金動向によると、銀行・信金計の貸出平残は前年比1.8%増の544兆0971億円となった。写真は2017年6月撮影(2020年 ロイター/Thomas White)

[東京 14日 ロイター] - 日銀が発表した2019年12月の貸出・預金動向によると、銀行・信金計の貸出平残は前年比1.8%増の544兆0971億円となった。11月は同2.1%増だった。都銀等で前年にあった大口貸出の影響が剥落、2013年6月以来の低い伸びとなった。

ただ、日銀は「引き続きM&A関連の貸出しを背景に高めの伸びとなっている」と評価している。

都銀等は前年比1.6%増の219兆0442億円、地銀・地銀2は同2.2%増の255兆0933億円だった。11月はそれぞれ同2.2%増、同2.3%増だった。

一方、都銀・地銀・地銀2の預金動向(実質預金+CD)は前年比2.8%増の734兆3253億円となり、11月の同3.0%増から伸びが鈍化した。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below