August 18, 2016 / 8:51 AM / 3 years ago

アングル:政府・日銀、苦渋の臨時会合 具体策なく「張子の虎」

[東京 18日 ロイター] - 外為市場で18日、ドル/円JPY=EBSが一時100円を割り込んだ。財務省、金融庁、日銀は同日午後、臨時の三者会合を開催し、足元の円高をけん制。市場に対して政府・日銀の姿勢をアピールするのが狙いだが、具体策が伴わなければ「張子の虎にすぎない」(市場関係者)と効果を疑問視する声も出始めている。

 8月18日、外為市場ドル/円が一時100円を割り込んだ。財務省、金融庁、日銀は同日午後、臨時の三者会合を開催し、足元の円高をけん制。市場に対して政府・日銀の姿勢をアピールするのが狙いだが、具体策が伴わなければ「張子の虎にすぎない」(市場関係者)と効果を疑問視する声も出始めている。日銀本店で3月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino/File Photo)

「四六時中、神経を研ぎ澄ませて注視し、投機的な動きがあれば必要な対応をきっちり打つ」──。浅川雅嗣財務官は18日の臨時会合後、強い口調で記者団に言い切った。

しかし、市場の反応は鈍く、ドル/円はほぼ無風で発言を消化。今回で8回目となる会合に「市場が慣れてしまった」(外銀関係者)のが現状だ。

為替動向は「秩序的」(ルー米財務長官)との姿勢を崩していない米国との間に溝がある中で「1ドル95円を割り込むような水準にならない限り、為替介入はできないだろう」(国内金融機関)との声もある。

また、ドルは対円だけでなく、他の主要通貨に対しても下落しており、ドル指数.DXYは18日に94.38まで低下。目先は94.09がターゲットになるとの声が出ている。

ある国内銀関係者は「17日に出た米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を見て、9月利上げの機運が後退した。ドルに原因があり、日本の政策当局が口先でけん制しても効果はほとんどない」と述べる。

2%の物価目標を掲げる日銀も、静観の構えだ。円高は輸入物価の下落を通じて物価全般を押し下げるため、2017年度の物価目標達成を危ぶむ向きも一部にいる。

だが、「足元の円高は米利上げ動向をめぐる思惑による動き」との見方が支配的で、26日のジャクソンホールでのイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長講演などのイベントを見極めたいとの声が多い。

9月4─5日には、中国・杭州で20カ国・地域(G20)首脳会議が開催される。首脳宣言には「為替の過度の変動や無秩序な動きは経済に悪影響を与え得る」との文言が盛り込まれそうだが、市場が「新味なし」と判断すれば、投機的な動きを加速させかねない。

事業規模28兆円の経済対策を打ち出し、7月に追加緩和を決断した政府・日銀。にもかかわらず、100円割れの現実を市場から突き付けられ、現時点では「三者会合が円高対応の唯一の拠り所」(市場関係者)とみられている。

政策対応への期待という「細い糸」を頼りにする政府・日銀は、今後も難しいかじ取りを迫られそうだ。

ポリシー取材チーム 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below