January 11, 2018 / 6:36 AM / 11 days ago

家計の物価観、「上がる」が増加 2四半期ぶり=日銀調査

[東京 11日 ロイター] - 日銀が11日発表した昨年12月の「生活意識に関するアンケート調査」(第72回)によると、1年後と5年後に物価が「上がる」と見込んでいる人の割合が前回9月調査から上昇した。上昇は2四半期ぶり。

先行き物価が「上がる」との回答は、1年後で75.6%、5年後で81.9%となり、それぞれ前回調査の70.4%、81.4%から上昇した。前回調査から上昇するのは、ともに2四半期ぶり。1年後の割合は2016年3月調査の75.7%以来の高さだった。

現在の物価についても、1年前に比べて物価が「上がった」と実感する人の割合が67.1%に拡大しており、エネルギー価格の値上がりなどを反映した足元の物価上昇が、家計のインフレ期待に影響している可能性がある。

具体的な物価上昇率への回答では、1年後が平均値で4.3%上昇、中央値で3.0%上昇となり、それぞれ前回調査から上がった。5年後は平均値が3.9%上昇、中央値が2.0%上昇と前回からほぼ横ばいだった。

景況感DI(良くなった─悪くなった)はマイナス11.9となり、前回調査から1.6%ポイント改善した。一方、生活にゆとりがあるかを示す暮らし向きDI(ゆとりが出てきた─ゆとりがなくなってきた)は、マイナス33.7となり、過去最高だった前回のマイナス31.9から悪化した。

アンケートは11月10日から12月6日にかけて全国の満20歳以上の個人、4000人を対象に実施した。有効回答者数は2201人で、有効回答率は55.0%だった。

伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below