for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日銀、初の指値オペ 中短期金利の急上昇に対応

 1月17日、日銀は特定年限の金利をコントロールする指値オペを、2年債と5年債を対象に実施した。写真は都内で3月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 日銀は17日、9月に導入を決めた特定年限の金利をコントロールする指値オペを初めて実施した。対象は2年債と5年債。トランプ相場による米金利急上昇で国内にも金利上昇圧力がかかり始めており、日銀の金利コントロール力に市場の注目が早速集まる局面となっている。

日銀は9月の金融政策決定会合で、国債買い入れの目安として短期金利をマイナス0.1%、長期(10年債)金利をゼロ%程度で維持する「イールドカーブコントロール(YCC)」を打ち出し、年間80兆円の量による従来買い入れ方針を副次的な目安に格下げ。日銀が適当と判断するイールドカーブから離れた水準に金利が動くときには、機動的な指値オペで対応する仕組みを導入した。

長期金利はプラス圏に浮上したものの「目標のゼロ%程度」にとどまっていると日銀はみているが、米国大統領選でのトランプ氏当選以後、米金利上昇の余波で2年、5年債金利が急上昇しており、放置すれば長期・超長期金利にも波及しかねないとの判断がは働いたもようだ。

日銀で金融調節担当を担当する金融市場局は、今回の指値オペについて「このところの中短期金利の急激な上昇に対応し、調節方針と整合的なイールドカーブ形成のため実施した」とコメントした。

*内容を追加します。

竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up