Reuters logo
当座預金のマイナス金利適用残高、当初は10兆円程度=日銀
2016年2月3日 / 09:17 / 2年後

当座預金のマイナス金利適用残高、当初は10兆円程度=日銀

[東京 3日 ロイター] - 日銀は3日、マイナス金利政策導入にともない適用される3つの金利の当座預金残高の規模について当初のめどを発表した。当座預金残高でプラス0.1%が適用されるのは約210兆円、ゼロ%が適用されるのは約40兆円、マイナス0.1%が適用されるのは約10兆円としている。

 2月3日、日銀はマイナス金利政策導入にともない適用される3つの金利の当座預金残高の規模について当初のめどを発表した。写真は日銀本店。1月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

日銀のホームページ上でQ&Aとして公表された。

マイナス金利適用に際しては、当座預金残高を1)2015年の平均残高である「基礎残高」、2)所要準備額と貸出支援制度などの利用額に基礎残高の一定割合となるマクロ加算額を加えた「マクロ加算残高」、3)当座預金残高から上記の2つの残高を除いた「政策金利残高」の3段階に分類。マイナス0.1%の金利が適用されるのは、このうちの政策金利残高の部分で、基礎残高には従来同様のプラス0.1%が付され、マクロ加算残高はゼロ%となる。

昨年1年間の当座預金の平均残高は220兆円。このうち所要準備額に相当する部分の9兆円は従来通りゼロ金利が適用されるため、プラス0.1%が適用ざれる残高(基礎残高、すでに積んだ部分)は約210兆円となる。

ゼロ金利が適用されるマクロ加算残高は当初40兆円とされた。所要準備額9兆円と貸出支援基金および被災地支援オペ30兆円の合計となる。

マイナス金利は2月16日からの新しい積み期間に適用される。2月の当座預金残高は未定であるものの、仮に260兆円とすれば、210兆円と40兆円を除いた約10兆円にマイナス金利が適用されることになる。

日銀はマネタリーベースを年間約80兆円増やす方針を継続しており、当座預金残高も3カ月ごとにほぼ20兆円のペースで増加する可能性が大きい。このうちマイナス金利が適用される政策金利残高のその後の推移は、基礎残高に掛目をかけて算出するマクロ加算額を含めたマクロ加算残高次第となる。

日銀では、マクロ加算残高の見直し頻度やマクロ加算額について「マイナス金利実施後の短期金融市場の状況などを踏まえて、政策委員会で決定する」としており、短期金利の動向などに応じて加算規模も変動することになりそうだ。

*本文中の脱字を補いました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below