July 13, 2016 / 7:56 AM / 3 years ago

日銀、経済対策効果を7月展望リポートに反映 物価大幅下振れ回避へ

[東京 13日 ロイター] - 日銀は29日に公表する先行きの経済・物価見通しを示した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」に、政府が策定中の経済対策を可能な限り反映する。複数の関係筋が明らかにした。安倍晋三首相による経済対策の月内とりまとめ指示を受け、その経済効果を含めた判断を下す方向になった。対策の規模は10兆円を超えるとみられ、円高進行などで懸念された経済・物価見通しの大幅な下振れは、回避される可能性が大きい。

 7月13日、日銀は29日に公表する先行きの経済・物価見通しを示した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」に、政府が策定中の経済対策を可能な限り反映する。写真は都内の日銀本店前で昨年10月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

安倍晋三首相は12日、1億総活躍プランの加速化やリニア中央新幹線の計画前倒しなどを盛り込んだ総合的な経済対策を7月中にまとめるよう、石原伸晃経済再生担当相らに指示した。

内容は、1)アベノミクスの成果の活用も含めた来年度以降の1億総活躍プランの加速化、2)観光振興や農産物輸出促進、農業競争力強化に向けたインフラ整備とリニア中央新幹線の計画前倒し、3)中小企業・小規模事業者や海外展開企業の資金繰り支援、4)熊本地震や東日本大震災からの復興・防災対応の強化の加速━━の4点が柱。

財源として、低金利環境を活用した財政投融資を示したほか、公共事業などに使途を限った建設国債の追加発行を検討する。

日銀では、首相指示を受け、29日に公表する展望リポートにおける経済・物価見通しに対策効果を可能な限り反映させる方向で検討に入った。

4月以降の円高で物価は0.1━0.2ポイント下押しされるが、原油価格の上昇(ドバイ産で4月時点バレル35ドル、足元43ドル)、消費増税延期(17年度の成長率を0.7ポイント押し上げ)などは物価押し上げ要因だ。

経済対策の効果をどの程度織り込むのかによって、円高・株安による物価下押し要因を相殺できる可能性もあるとみている。

現段階では、対策の詳細や規模などが明らかになっていないものの、月内とりまとめに向け、具体的な内容が判明次第、過去の対策なども参考にして効果を試算する。

4月末に公表した前回の展望リポートでは、16年度と17年度の消費者物価(生鮮食品除く、コアCPI)について、それぞれ前年比0.5%上昇、同1.7%上昇(消費増税の影響除く)の見通しを示し、目標とする物価2%の到達時期を2017年度中とした。

その後、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けた投資家のリスク回避によって、ドル/円JPY=EBSが一時100円割れとなるなど急速に円高が進行。インフレ期待も低迷する中で、7月末に示す展望リポートでは、物価見通しの大幅下方修正と2%達成時期の先送りは避けられないとの見方が市場で指摘されていた。

政府は、経済対策を中心とした16年度の第2次補正予算を秋の臨時国会に提出する方針。順調に行けば今年度下期からは予算が執行に移される見通し。

10兆円超とみられている事業規模のうち、財政出動がどの程度になるかは不明だが、安倍首相は財源として財政投融資の積極活用も表明している。従来の金融支援などとは違い、実際の事業や投資に回る可能性が大きい。

加えて消費増税の延期や、経済対策の効果で低迷する個人消費が喚起されれば、需給ギャップの改善を通じて物価の押し上げに作用する。

具体的な物価見通しは、今後の為替相場の動向などにもよるが、対策効果を織り込むことで大きく下振れる可能性は、回避される方向になったとの見方が日銀内で広がっている。

伊藤純夫 竹本能文 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below