January 18, 2016 / 1:09 AM / 4 years ago

景気は緩やかに回復、リスク点検し調整行う=支店長会議で日銀総裁

 1月18日、日銀の黒田東彦総裁は開かれた日銀支店長会議であいさつし、輸出と生産に新興国経済減速の影響がみられるものの、景気は緩やかな回復を続けており、先行きも緩やかな回復を続けるとの従来見解を繰り返した。写真は都内で昨年12月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は18日開かれた日銀支店長会議であいさつし、輸出と生産に新興国経済減速の影響がみられるものの、景気は緩やかな回復を続けており、先行きも緩やかな回復を続けるとの従来見解を繰り返した。

挨拶要旨の文言は昨年10月の支店長会議あいさつと変わらず、物価の前年比は「ゼロ%程度」「先行きも当面ゼロ%程度」「金融システムは安定性を維持」「金融環境は緩和した状態にある」とした。

金融政策運営でも「量的・質的緩和(QQE)は所期の効果を発揮しており」2%目標の安定的持続まで継続、「経済・物価情勢について上下双方向のリスク要因を点検し、必要な調整を行う」と従来方針を確認した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below