April 5, 2016 / 3:02 AM / 4 years ago

消費弱いの事実、短観の大幅悪化は円高影響=黒田日銀総裁

 4月5日、日銀の黒田東彦総裁は午前の衆院財務金融委員会に出席し、為替市場で円高が進んでいるとし、短観で大企業製造業の業況判断が大幅に悪化したのは「円高が企業マインドに影響を及ぼした」と指摘した。写真は都内で3月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 5日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は5日午前の衆院財務金融委員会に出席し、為替市場で円高が進んでいるとし、短観で大企業製造業の業況判断が大幅に悪化したのは「円高が企業マインドに影響を及ぼした」と指摘した。また「消費が弱いのは事実だが、家計調査や国内総生産(GDP)が示すほどではない」と述べた。丸山穂高委員(おおさか維)への答弁。

総裁は1日公表の3月短観について「新興国経済の減速が影響し、企業の業況感が鈍化している」としつつも、「経済が不況に突入するような状況ではない」との見方を示した。

年初来の急激な円高進行については「マーケットでは、米国の利上げペースが想定より緩やかになりそうなためとみられている」と説明したうえで、「為替変動にはさまざまな要因があり、マーケットの見方をそのまま認めることにはならない」と指摘した。

足元の消費動向が「弱いのは事実」としつつも、GDPで利用される家計調査はサンプルに偏りがある点をあげ、家計調査やGDPが示すほど弱くはないと語った。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below