October 11, 2019 / 7:07 AM / 12 days ago

政策余地十分ある、緩和効果と副作用勘案して考える=黒田日銀総裁

 10月11日、黒田東彦日銀総裁(写真)は、衆議院予算委員会で、先行きの金融政策について「政策の余地は十分ある」とした上で「緩和のプラス効果と副作用を十分勘案して、ベストな政策をとっていきたい」と語った。日銀本店で7月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 11日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は11日、衆議院予算委員会で、先行きの金融政策について「政策の余地は十分ある」とした上で「緩和のプラス効果と副作用を十分勘案して、ベストな政策をとっていきたい」と語った。

前原誠司委員(立国社)の質問に答えた。

黒田総裁は日米欧の金融緩和度合いについて「日銀、米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)でどこが一番金融緩和的になっているかというと、確かに日銀が極めて緩和的な金融政策を行っているのは事実」としながらも、「短期金利あるいはシャドー金利という形で計算したものだけで(緩和)余地がないとは言えない」と語った。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below