April 1, 2020 / 2:14 AM / 2 months ago

現在は金本位制と異なるが、無制限に国債買えるわけでない=日銀総裁

 4月1日、日銀の黒田東彦総裁は1日午前の参院決算委員会に出席し、現在は金本位制とは異なるが無制限に国債を買えるわけではない、と答弁し、財政拡張を支援するための野放図な国債買い入れ拡大に消極的な姿勢を示した。写真は都内で昨年12月撮影(2020年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[東京 1日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は1日午前の参院決算委員会に出席し、現在は金本位制とは異なるが無制限に国債を買えるわけではない、と答弁し、財政拡張を支援するための野放図な国債買い入れ拡大に消極的な姿勢を示した。西田昌司委員(自民)への答弁。

中央銀行の国債買い入れに支えられた大胆な財政出動を提唱する現代金融理論(MMT)の論客でもある西田氏は、金本位制を採用していない現代の通貨制度の下で、日銀は国債買い入れの拡充が可能ではないかと質問した。

黒田総裁は「指摘の通り現在は金本位制を採用しておらず通貨供給量などは日銀の保有する実物資産の量に制限されていないが、買い入れる資産の量は物価の安定を図る観点から決まってくる」と強調。「2%の物価目標実現が近づく際には、日銀が国債を買い入れる量を適切に調整する」と述べ、「無制限にいつまでも国債買い入れができるわけでない」とコメントした。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below