March 2, 2018 / 1:46 AM / 7 months ago

物価なお弱め、緩和粘り強く続ける=黒田日銀総裁

[東京 2日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は2日午前の参院予算委員会に出席し、2013年4月以来の大規模緩和により「日本経済は大きく改善した」と自賛する一方、「物価はなお弱めの動きが続いており、エネルギーの寄与を除くと前年比小幅のプラスにとどまっている」と指摘。「2%の物価目標達成までは距離があり、現行の金融緩和を粘り強く続ける必要がある」と強調した。

 3月2日、日銀の黒田東彦総裁は、「物価はなお弱めの動きが続いており、エネルギーの寄与を除くと前年比小幅のプラスにとどまっている」と指摘。「2%の物価目標達成までは距離があり、現行の金融緩和を粘り強く続ける必要がある」と強調した。写真は16日に衆院予算委員会に出席する同総裁(2018年 ロイター/Toru Hanai)

魚住裕一郎委員(公明)の質問に答えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below