February 16, 2018 / 3:17 AM / 10 months ago

日銀正副総裁案を国会提示:識者はこうみる

[東京 16日 ロイター] - 政府は16日、衆参の議院運営委員会に日銀総裁と副総裁2人の候補者リストを提示した。4月8日に任期満了となる黒田東彦総裁は再任し、3月19日で任期満了となる副総裁の後任には、雨宮正佳・日銀理事と若田部昌澄・早稲田大学教授を候補者とした。市場関係者のコメントは以下の通り。

 2月16日、政府は16日、衆参の議院運営委員会に日銀総裁と副総裁2人の候補者リストを提示した。写真は都内で昨年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

<ニッセイ基礎研究所 シニアエコノミスト 上野剛志氏>

3人とも有力候補として名前が挙がっており、意外感はない。黒田総裁はアベノミクスの象徴として続投。雨宮氏は現行政策の継続ということで市場に安心感を与える役割が期待されている。若田部氏はリフレ派で、緩和を強力に推進していくという安倍政権のスタンスをアピールするために選ばれたのだろう。

若田部氏は最近の発言で、国債買い入れ額を90兆円に増額するべきとしており、現段階でも追加緩和を求めている。一段の円高や景気後退への懸念が高まった時には、その主張を強めてくる可能性があり、大規模緩和の副作用が増幅される恐れがある。まだ先の話だが、緩和政策の出口が議論される局面では、まず可否判断の「否」の方に重きがおかれ、タイミングに関してもより遅らせる方向で影響しそうだ。

日本経済はモルヒネを散々投与された入院患者。出口を遅らせれば遅らせるほど無事に退院するハードルが上がる。今すぐ止めるのは難しいというのは分かるが、大規模緩和は続け過ぎている。将来のリスクや副作用が懸念される状況だ。

<メリルリンチ日本証券 チーフ日本株/FXストラテジスト 山田修輔氏>

想定内。総裁が据え置き、副総裁は日銀プロパーとリフレ系のアカデミアという意味では、今の布陣から大きな体制の変更はない。

政策に関しては不透明感が払しょくされて一定の安心感があると思うが、為替に関してはこれを材料に動くという感じではない。

若田部氏はリフレはであり、財政についても結構積極的な発言をしているので、今は恐らくないだろうが、先々、追加緩和という話になった場合は議論の中心に入って来そうだ。

<セントラル短資・総合企画部企画調査グループ係長 佐藤健司氏>

政府が国会に提示した日銀の総裁・副総裁人事案は、安定した布陣だ。財務省出身の黒田総裁再任は予想通り。副総裁に、日銀出身で現政策の立案に携わってきた雨宮氏、リフレ派で民間出身の若田部氏を候補として充てた。市場の混乱を避けながら、うまくバランスを取ったのだろう。

日銀の金融政策は、イールドカーブ・コントロール(YCC)政策で道筋ができている。市場動向を踏まえて、国債買い入れを減らしていく姿勢に変わりはないだろう。逼迫する需給を踏まえると、国債買い入れを大幅に増やすことは考えにくい。

仮に円高の進行や景気減速感が強まる局面があったとしても、日銀に残された緩和カードが少ないため、従来のようにサプライズを伴った追加策を打ち出すことは難しい。YCCの枠組みの中で、金利ターゲットの微修正などにとどまる可能性がある。

副総裁に若田部氏が就任したとしても、リフレ派グループの主張が政策委員の主流になるとは考えにくく、出口に向けた障害になることはないだろう。世界経済や市場の動向にも影響されるだろうが、実務的な政策にすり寄らざるを得ないとみている。執行部がリフレ派グループをコントロールすることは可能だろう。今回の人事で短期金融市場に与える影響は限定的だろう。

<三井住友アセットマネジメント シニアストラテジスト 市川雅浩氏>

黒田東彦総裁の再任とともに、副総裁の後任候補として雨宮正佳・日銀理事と若田部昌澄・早稲田大学教授の2人の名前はすでに市場の中でも上がっており、大きなサプライズではない。基本的には現行の緩和政策が4月以降も続くと思う。株式市場にはプラスの材料だ。政策の一貫性が保たれるという意味でも安心材料とみている。

リフレ派の候補者が入ったことで、緩和継続という受け止めは強まるが、出口戦略に向かう際に、総裁と副総裁の間で不協和音のようなものが生じることはおそらくはないだろう。最終的には黒田総裁の意見が重みを持つこととなる。物価が上昇し、為替が安定し、出口となった時には、黒田総裁を中心に足並みをそろえていく形になるとみている。

<JPモルガン証券 債券為替調査部長 山脇貴史氏>

政府は16日、衆参の議院運営委員会に日銀総裁と副総裁2人の候補者リストを提示した。マーケットなどで一番可能性が高いとみられていた候補者リストで、サプライズのない人事と受け止めている。

副総裁の後任としてリフレ派とされる若田部昌澄・早稲田大学教授が候補者となったことで、金融政策に関しては、現状維持に対してのインセンティブがより強まってくるだろう。円高基調になっているマーケット環境も影響するとみている。

黒田東彦総裁が2期目に入る4月は、イールドカーブ・コントロール(YCC)政策の微調整をする良いタイミングだったと思うが、今回の人事、外部環境の変化によって、先送りになる可能性が高いとみている。

円債市場では、大規模緩和の現状維持への思惑が強まってくるだろう。海外勢のショートカバーなどもあり、金利は低下基調になる見込み。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below