June 25, 2020 / 11:47 PM / 11 days ago

資金繰り支援と市場の安定維持に万全を期していく=黒田日銀総裁

 6月26日、黒田東彦日銀総裁はハーバード・ロースクールなどが開催したイベントで、企業などの資金繰り支援と金融市場の安定維持に引き続き万全を期していく方針を示した。写真は2019年12月、東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は26日、ハーバード・ロースクールなどが開催したイベントで、企業などの資金繰り支援と金融市場の安定維持に引き続き万全を期していく方針を示した。新型コロナウイルスの経済・金融面への影響には大きな不確実性があるため、当面は感染症の影響を注視し「必要があれば、中央銀行としてあらゆる手段を躊躇なく講じていく」と改めて強調した。

黒田総裁は感染第2波への懸念がくすぶる中で、「感染症によるショックの2次的影響が経済を大きく下押しするリスクにも注意が必要だ」と述べた。その上で、企業の資金繰りが確保されるか、企業・家計の成長期待が低下して支出が慎重しないか注視する姿勢を示した。黒田総裁は1990年代の日本の金融危機後に企業行動が長期にわたって慎重化したことに触れ「大きなショックの後には、ある種の履歴効果が働きうることには、注意が必要だ」と指摘した

日銀がコロナ対応で打ち出した一連の施策について「すでに相応の効果を発揮している」とも述べた。

黒田総裁は英語で発言した。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below