for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

賃金動向は毎月勤労統計で判断=野党ヒアリングで日銀幹部

 1月18日、毎月勤労統計の不正調査問題をめぐる野党合同ヒアリングが国会内で開かれた。写真は都内で2016年2月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 毎月勤労統計の不正調査問題をめぐる野党合同ヒアリングが18日国会内で開かれた。出席した日銀調査統計局幹部は、日銀は賃金動向について毎月勤労統計で判断していると認めた。国民民主党の原口一博国対委員長らの質問に対して答えた。

日銀が政府の統計の信頼性に不信を募らせ、元データの提供を要求したとの一部報道については、国内総生産(GDP)に関する問い合わせであって、毎月勤労統計ではないと説明した。

竹本能文※

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up