for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マネーストックM3、9月は+7.4%で最高更新 預金の増勢続く

 日銀が発表した9月のマネーストック(M2)は前年比9.0%増(8月8.6%増)となった。M3は前年比7.4%増(同7.1%増)、広義流動性は前年比5.6%増(同5.3%増)だった。写真は2011年8月、都内で撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 13日 ロイター] - 日銀が発表した9月のマネーストックM3は前年比7.4%増の1466兆円となり、伸び率、残高ともに過去最高を更新した。定期預金などで構成する準通貨の減少率が縮小。定額給付金などで個人預金が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う借り入れで法人預金がそれぞれ増勢にある。

預金通貨は15.5%増の806兆円。伸び率、残高ともに過去最高を更新した。

準通貨は2.1%減の523兆3000億円で、下落率は2019年11月以来の小ささ。低金利の継続で、定期預金から預金通貨にシフトする動きが続いているという。

M2は9.0%増の1123兆1000億円、広義流動性は5.6%増の1912兆9000億円。いずれの伸び率、残高も過去最高となった。

*見出しを修正して再送します。

和田崇彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up