December 25, 2018 / 10:10 AM / a month ago

市場変動率、一段高なら必要な措置取る=3者会合で浅川財務官

 12月25日、金融庁・財務省・日銀による国際金融資本市場に関する情報交換会合(3者会合)が夕刻に開催された。同会合後、財務省の浅川雅嗣財務官は記者団に対し、市場のボラティリティーが一段と高まれば、必要な措置を取るとの認識で一致したと述べた。2013年2月撮影(2018年 ロイター/Shohei Miyano/Illustration/File Photo)

[東京 25日 ロイター] - 金融庁・財務省・日銀による国際金融資本市場に関する情報交換会合(3者会合)が25日夕に開催された。同会合後、財務省の浅川雅嗣財務官は記者団に対し、市場のボラティリティーが一段と高まれば、必要な措置を取るとの認識で一致したと述べた。

浅川財務官は、日米の株価が大幅に下落していることを念頭に、「最近の市場はややオーバーシュート気味。景気は緩やかに回復しているとの認識に変わりはない」と述べた。

また、同席した日銀幹部から「2%の物価目標の早期達成のため、強力な緩和を継続していくとの発言があった」とも語った。

さらに、株価下落や為替のボラティリティーの高まりについて、金融庁と日銀との間で分析すると指摘。「市場のボラティリティが一段と高まれば、必要な措置を取るとの認識で一致した」と述べた。

また、外為市場について「ドル/円の動きが今週に入ってから、やや大きくなっている」とし、「市場の動向を引き続き注視していく」と語った。

梶本哲史 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below