July 31, 2018 / 6:21 AM / 19 days ago

物価20年度まで下方修正、「想定より後ずれ」認める=日銀展望リポート

[東京 31日 ロイター] - 日銀は31日、「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)を公表した。物価見通しを20年度までの3カ年ともに下方修正し、想定より後ずれしていることを認めた。2%の物価目標は遠のき、20年度見通しでも1.6%程度となった。

 7月31日、日銀は、「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)を公表した。物価見通しを20年度までの3カ年ともに下方修正し、想定より後ずれしていることを認めた。2%の物価目標は遠のき、20年度見通しでも1.6%程度となった。写真は都内で2013年6月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

政策委員の大勢見通しでは、経済の成長率見通しについて18年度はやや下方修正されて1.5%成長とした。19、20年度は従来通り、消費税率引き上げや設備投資の減速を背景にともに0.8%成長で据え置いた。

他方で物価は、見通し期間における3年度ともに下方修正。18年度が1.3%から1.1%に、19年度は1.8%から1.5%に、20年度は1.8%から1.6%に下げた。景気拡大や労働需給引き締まりに比べると「弱め動きが続いている」として、予想物価上昇率の高まりも「後ずれしている」と認めている。

この背景について、長期間の低成長やデフレの経験、企業の慎重な賃金・価格設定スタンス、家計の値上げに対する慎重な見方などを挙げた。また生産性向上余地の大きさや近年の技術進歩も、価格押し下げに影響している可能性を示唆した。これに関しては、別に「賃金・物価に関する分析資料」を取りまとめて、公表した。

2%に向けた動きについては「これまでの想定よりは時間がかかる」として想定通りに物価が上がっていないことを認める一方、「徐々に上昇率を高めていく」との見方は維持した。それでもリスクバランスについては「物価は下ブレリスクが大きい」とした。

中川泉 編集:石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below