for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日銀の支援策、チャレンジする銀行には経済的メリット=地銀協会長

[東京 18日 ロイター] - 地方銀行協会の大矢恭好会長(横浜銀行頭取)は18日の定例会見で、日銀が導入する地域金融機関向けの特別付利について「チャレンジする銀行には経済的メリットがあり、ありがたい制度だ」と述べた。経費率(OHR)などの適用条件については「ハードルは高いと思うが、一定の自由度も認められている」と指摘した。

一方、日銀のマイナス金利政策については「(日本経済の)置かれた現状からすればやむを得ない政策だが、銀行界としてはこれ以上の深掘りはやめてほしい」と語った。

日銀の特別付利が適用される条件には、経費削減のほかに経営統合の決定があるが、大矢会長は「再編統合が体質強化の唯一の解とは思わない」と指摘。他の地銀との経営統合は「効果を生むまでに相当時間がかかる」と述べた。

地銀の中間決算について、大矢会長は「厳しい決算だったが、最悪のケースではなかった」と指摘。与信コストについて「政策的効果が相当あり、抑えられた」と述べる一方、特に来年度以降はしっかり見ていかなければならないとした。

和田崇彦 編集:山川薫

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up