April 12, 2018 / 7:02 AM / 7 months ago

日銀、景気判断2地域で引き上げ 個人消費の改善が寄与

 4月12日、日銀は、4月の地域経済報告(さくらリポート)を公表し、全9地域のうち四国と九州・沖縄の2地域で景気判断を引き上げた。個人消費の改善が寄与した。写真は都内で昨年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 日銀は12日、4月の地域経済報告(さくらリポート)を公表し、全9地域のうち四国と九州・沖縄の2地域で景気判断を引き上げた。個人消費の改善が寄与した。一方、北海道は下方修正し、残りの6地域は据え置いた。報告書は「所得から支出への前向きな循環が続いている」と分析した。

四国の景気判断は、2014年1月調査以来横ばいを続けていたが、4年3カ月ぶりに上方修正。九州・沖縄でも、百貨店の売上高が高額品を中心に全体として持ち直すなど、個人消費の改善がみられた。

9地域のうち、景気判断で「拡大」と表現したのは6地域、「回復」としたのは3地域で、全体的な改善傾向は続いている。

一方、北海道は16年の台風被害後の復旧工事が一巡したことで、公共投資が減少に転じた。灯油の値上がりや野菜価格の高騰が相まって個人消費も「このところ一部に弱めの動きがみられる」結果となった。こうした動きを受け、総括判断は「回復している」から「緩やかに回復している」に引き下げた。

全ての地域を含め、判断を下方修正したのは2016年10月調査の東海地域以来。

今回の報告での特徴は「人手不足による供給制約を指摘する声が増えている」(日銀幹部)ことだ。東北地域の企業からは「機械を扱う人手不足により能力増強投資が難しくなってきている」(電気機械)といった指摘が出た。

日銀によると、先行きについては、米国の輸入関税引き上げに伴う通商面への悪影響や、為替を含めた金融市場の動きを警戒する企業が多かったという。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below