April 3, 2018 / 1:32 AM / 8 months ago

企業の物価見通し、全期間で変化なし 鈍いインフレ期待=日銀調査 

 4月3日、日銀が発表した3月調査の日銀短観における「企業の物価見通し」によると、企業が想定する消費者物価(CPI)は平均で1年後が前年比0.8%上昇、3年後と5年後が同1.1%上昇となり、前回の12月調査から変化がなかった。写真はビル建築現場で2016年2月撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 3日 ロイター] - 日銀が3日に発表した3月調査の日銀短観における「企業の物価見通し」によると、企業が想定する消費者物価(CPI)は平均で1年後が前年比0.8%上昇、3年後と5年後が同1.1%上昇となり、前回の12月調査から変化がなかった。景気の好調にもかかわらず、企業のインフレ期待は引き続き鈍い。

1年後のCPI見通しは前回調査で2四半期ぶりに小幅上昇したが、今回は横ばいとなった。3年後は4四半期連続、5年後は6四半期連続で同1.1%上昇が続いている。

企業のCPI見通しは、世界経済の減速や原油価格の下落などを受けて2016年にかけて下落し、その後は下げ止まっているものの、横ばい圏での動きが続いている。

黒田東彦日銀総裁は3月28日に国会で、物価動向について「現状やや弱めの動きが続いている」としながらも、「2%の物価安定目標に向けたモメンタムはしっかり維持されており、目標実現の道筋を歩んでいる」と答弁した。

日銀では、物価は先行き「マクロ的な需給ギャップが改善を続けるもとで、企業の賃金・価格設定スタンスが次第に積極化し、中長期的な予想物価上昇率も上昇する」とみているが、景気回復に伴って需給が改善し、実際のCPIがプラス幅を拡大させているにもかかわらず、企業のインフレ期待が明確に上昇していく動きはみえない。

同時に公表した各企業の主要な製品・サービスの販売価格見通しは、現在と比べて平均で1年後が0.7%上昇、3年後が1.2%上昇、5年後が1.4%上昇となり、いずれも前回調査からプラス幅が0.1%ポイント拡大した。

伊藤純夫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below