March 7, 2018 / 4:57 AM / 8 months ago

新たな追加緩和手段も選択肢=若田部・日銀副総裁候補

 3月7日、日銀の次期副総裁候補に指名された若田部昌澄・早大教授は午後、参院議院運営委員会で所信表明と質疑を行い、追加緩和の手段として、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)の強化のほかに、新たな政策手段も考えうると発言した。写真は5日、衆院の指名承認公聴会に出席する同教授(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 日銀の次期副総裁候補に指名された若田部昌澄・早大教授は7日午後、参院議院運営委員会で所信表明と質疑を行い、追加緩和の手段として、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)の強化のほかに、新たな政策手段も考えうると発言した。

政府・日銀の掲げる政策目標として、名目600兆円のGDP(国内総生産)や、物価目標の2%からの引き上げ、物価水準目標などについて日銀で議論することも可能との見解を示した。

竹本能文 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below