May 22, 2018 / 4:41 AM / 5 months ago

物価2%は現行政策で達成可能、情勢次第で変更も=若田部日銀副総裁

[東京 22日 ロイター] - 日銀の若田部昌澄副総裁は、22日の参院財政金融委員会で、物価2%目標に関し「現状の政策での達成も可能でないかとの心証を得ている」との見方を示した。一方、「その後の情勢変化などを踏まえ、現状の政策が適切でないなら変更を考えることもあり得る」と指摘した。風間直樹委員(立憲)への答弁。

 5月22日、日銀の若田部昌澄副総裁(写真)は、参院財政金融委員会で、物価2%目標に関し「現状の政策での達成も可能でないかとの心証を得ている」との見方を示した。写真は都内で3月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

また、黒田東彦総裁は風間委員に対し「金融政策の目標、目的は全く変化していない」と強調。大門実紀史委員(共産)への答弁では、出口局面に差しかかった際には「国債市場の動向をはじめ、さまざまなリスク要因に留意する必要があると認識している」と述べた。

渡辺喜美委員(無所属)が「黒田総裁は増税のために金融政策で支援している感じがする」と指摘したことに対しては、「特に消費増税をサポートするために金融政策を行っているということではない」と返した。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below