June 9, 2016 / 1:27 AM / 3 years ago

韓国中銀が予想外の利下げ、政策金利1.25%に 全会一致で決定

[ソウル 9日 ロイター] - 韓国中銀は9日、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の1.25%とすることを決定した。

 6月9日、政策金利を25bp引き下げ、過去最低の1.25%とすることを決定した。利下げは2015年6月以来。写真はソウルで2011年9月撮影(2016年 ロイター/Lee Jae Won)

利下げは2015年6月以来。

ロイターによるアナリスト23人の調査では、6月の利下げを予想したのは4人で、多くは7月の利下げを予想していた。

李柱烈総裁は会見で、全会一致の決定だったことを明らかにした。

総裁は「問題は、下振れリスクが高まると予想される今年下半期だ」と指摘。「世界の通商の不振は、われわれの想定より深刻。企業の再編が本格的に始まれば、下振れリスクが生じる」との見方を示した。

総裁はまた、前回の会合で利下げのシグナルを出した、と主張。決定は米連邦準備理事会(FRB)の政策とは関係がない、とも述べた。

サムスン証券のアナリスト、Lee Sur-bee氏は「年内の追加利下げは難しいだろう。下半期の政府の政策対応が注目されるが、現時点では今回の利下げが年内最後になると思われる」と指摘。

「米連邦準備理事会(FRB)は6月か7月に利上げすると広く予想されていたが、5月の米雇用統計を受けて、6月の利上げは不可能とみられている。韓国中銀はおそらく、FRBの利上げ前に動く方がより安全だと考えたのだろう」と語った。

韓国の5月のインフレ率は0.8%と中銀目標の2%を大きく下回り、昨年から続く輸出低迷も経済見通しに影を落としている。

総裁は、インフレ率は17年に、目標の2%に近づくと予想した。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below