April 12, 2018 / 1:41 AM / in 7 months

韓国中銀、政策金利を1.50%に据え置き 予想通り

[ソウル 12日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は12日、市場の予想通り、政策金利を1.50%に据え置いた。インフレ率は予想よりも緩やかで、輸出にやや改善がみられることが背景。

 4月12日、韓国銀行(中央銀行)は、市場の予想通り、政策金利を1.50%に据え置いた。インフレ率は予想よりも緩やかで、輸出にやや改善がみられることが背景。写真はソウルの韓国銀行ビル。2016年3月撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

中銀は昨年11月に政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げた。

4月4─10日に実施されたロイター調査ではアナリスト18人全員が今回の据え置きを予想していた。

消費者物価指数(CPI)は昨年10月以降、中銀目標の2%を下回っている。3月のCPIは前年比1.3%上昇し、2月の1.4%上昇から伸びが鈍化した。

世界の貿易戦争が経済成長見通しに悪影響をもたらすとの懸念が広がり、政策当局者らは、2017年の大半で経済を下支えしてきた輸出の伸びが弱まる可能性を懸念している。

大信証券のエコノミストは「韓国は他国と比べて世界の需要の変化により敏感であることから、韓国の成長見通しにとって大きな懸念だ」と指摘。「インフレは当面、目標水準に達する可能性は低く、現時点では中銀が急いで利上げする必要性は生じていない」とした。

同エコノミストは以前は5月の利上げを見込んでいたが、現在は第3・四半期に25bpの利上げが行われると予想している。

DBS銀行のエコノミストは「現時点で韓国中銀が引き締めを行う正当な理由はない」と述べた。インフレは依然として低水準、信用の伸びは控えめで、また3月の米連邦準備理事会(FRB)の利上げ後も通貨ウォンは安定的に推移していると指摘した。

韓国中銀は0430GMT(日本時間午後1時半)に新たな経済予測を発表する予定。

現時点で中銀は、今年の国内経済成長率を3%と予想している。2017年の成長率は3.1%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below