May 9, 2019 / 3:29 AM / 15 days ago

南米ボリビアで「けんか祭り」、素手で戦い流血も

 南米ボリビアの中央部マチャの町にある小さな広場で3日、「ティンク」と呼ばれる伝統のけんか祭りが行われた。5月初旬に多くの辺境の町で行われるもので、グローブを付けず素手で戦い、流血する人もいる(2019年 ロイター/David Mercado)

[8日 ロイター] - 南米ボリビアの中央部マチャの町にある小さな広場で3日、「ティンク」と呼ばれる伝統のけんか祭りが行われた。5月初旬に多くの辺境の町で行われるもので、グローブを付けず素手で戦い、流血する人もいる。

参加者のエステバン・キノさんは「ティンクは私たちの祖先、偉大な祖父母の習慣だ」と言う。「今日、私たちはこの『スポーツ』をするために町に来た。誰もが戦う意欲に満ちあふれているが、警察が催涙ガスを使って最後まで戦わせてくれないこともある。昔とは違う」

見物している若い女性は、自分のお気に入りの闘士を探して応援する。

古代の土地争いや、母なる大地への供血がこの祭りの起源との説がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below