July 18, 2019 / 6:13 AM / 3 months ago

母とはぐれ弱っていたヒグマの赤ちゃん、サラエボ動物園で回復

[16日 ロイター] - ボスニアで母親とはぐれ、栄養失調になって村人たちに助けられたヒグマの赤ちゃんが、サラエボ動物園ですくすくと育っている。

生後4カ月の雌グマ「アイーダ」は山村で見つかった。5月に同園に来た時には命が危ぶまれていた。

動物園を運営する会社の広報担当者は「専門家や獣医師のチームが1カ月近くつきっきりで看護した。最初は食べ方さえ知らず、とても臆病だった」という。

体重はいまでは5倍になった。果物や野菜が好きだが、不器用なのは相変わらずで、餌やミルクの入ったボウルをひっくり返している。人間を恐れることもなくなり、定期的に食事を与えてくれるセミル・ハンジッチ獣医師になついている。

ハンジッチ氏は16日、アイーダは「遊んだり誰かと一緒にいるのが好きで、ひとりぼっちを嫌う」と語った。

祖父母とともに動物園に来たサラエボ出身のジャナちゃん(7)は「とてもかわいい」と話した。

アイーダを保護した村人らによると、母グマは密猟者に殺されたとみられる。ボスニアには約850頭のヒグマが生息している。

完全な回復を待って、アイーダは年内にも雌のヒグマ2頭が暮らす大きな飼育舎に移される予定だ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below