July 20, 2018 / 5:55 AM / a month ago

ボスニアで60組がイスラム教式合同結婚式、欧州では最大級

[サラエボ 19日 ロイター] - ボスニアの首都サラエボで19日、イスラム教徒のカップル60組が合同結婚式を挙げた。結婚資金を自前で捻出するのが困難な若者が多いことから、若年層が家庭を持ちやすくすることが狙いで、主催者は欧州最大級の規模としている。

 7月19日、ボスニアの首都サラエボで、イスラム教徒のカップル60組が合同結婚式を挙げた。結婚資金を自前で捻出するのが困難な若者が多いことから、若年層が家庭を持ちやすくすることが狙いで、主催者は欧州最大級の規模としている(2018年 ロイター/Dado Ruvic )

60組はすでに法律上の結婚はしているが、宗教的・文化的理由から今回のイスラム教結婚式に参加した。

式の主催にかかわった慈善団体が、新郎のオーダースーツと、新婦の薄紫色のガウンと白いスカーフを用意した。新婚夫婦は宴会に招待され、祝い金を支給された。

式を行ったイマームは、「結婚は人間とあらゆる社会の基盤だが、特に今日、わが国では多くの困難が生じ、結婚する人が減っている」と述べた。

ボスニア経済は、1992─95年の戦闘からの回復途上にあり、失業率は2桁台に達し、婚姻・出生率が低下し続けている。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below