for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏ブイグ、ファーウェイ製アンテナ基地局撤去へ 8年で国内3000カ所

[パリ 27日 ロイター] - フランスの複合企業ブイグBOUY.PAは2028年までに国内3000カ所にある中国の華為技術(ファーウェイ)製のアンテナ基地局を撤去する方針。オリビエ・ルサ副最高経営責任者(CEO)が27日、明らかにした。

 8月27日、フランスの複合企業ブイグは2028年までに国内3000カ所にある中国の華為技術(ファーウェイ)製のアンテナ基地局を撤去する方針。写真はブイグのロゴ。ニースで2018年10月撮影(2020年 ロイター/Eric Gaillard)

同国当局が人口が多い地域を対象に、ファーウェイ製機器の排除を決めたことを受けた。

米国はファーウェイ製機器が中国当局の情報収集に使われる可能性があるとし、同盟国などに排除を呼び掛けてきた。ファーウェイは米国の主張に反論している。

関係筋が先月ロイターに明らかにしたところによると、フランス当局は国内通信業者に対し、ファーウェイから次世代通信規格「5G」に関連する機器を調達する場合、使用免許の更新はできないと非公式に通達。2028年までにファーウェイ製品を事実上排除する見通しとなった。

ルサ氏は電話会見で「複数の基地局を段階的に撤去する必要がある」と述べ、ファーウェイ機器を使っている基地局は3000あると明らかにした。

「撤去は8年かけて実施し、業績への影響は限定的になる」とした。

ブイグは、ファーウェイ製品の代わりにどのメーカーの機器を使うのかを明らかにしていない。

ルサ氏によると、ファーウェイ製の無線通信機器はストラスブールやトゥールーズといった都市で既に禁止されており、パリでも使用できない。

ブイグはこれまで、ファーウェイ製機器を交換する必要性が生じた場合、フランス政府に補償を求める考えを繰り返し示している。

この方針に関する質問に対し、ルサ氏は当局との協議が行われていると応じた。同氏によると、ファーウェイ製機器の禁止はこれまでのところ、人口が多い地域だけが対象になっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up