March 5, 2018 / 5:14 AM / 9 months ago

世界巡回したデビッド・ボウイ大回顧展、最終地NYで始まる

 3月2日、米ニューヨークのブルックリン美術館で、2016年1月に死去した英ロック歌手デビッド・ボウイの大回顧展が始まった。世界12都市を回った同展示会はニューヨークが最後の開催場所となり、7月15日まで。写真は先月28日撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton )

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米ニューヨークのブルックリン美術館で、2016年1月に死去した英ロック歌手デビッド・ボウイの大回顧展が開催される。

「DAVID BOWIE is」と題されたこの展示会は、2013年にヴィクトリア・アンド・アルバート博物館でスタートし、世界12都市を回った。ボウイの50年におよぶキャリアを振り返るもので、数多くの衣装や写真、手書きの詩や絵画などが鑑賞できる。今回初めて展示される品も100点ほどあるという。

ニューヨークが最後の開催場所となり、期間は3月2日から7月15日まで。

ボウイはロンドン生まれだが、死去する前の20年あまりをニューヨークで暮らした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below