May 7, 2020 / 3:40 AM / 3 months ago

ボクシング=フューリー対ワイルダー再戦、無観客開催は「ない」

 ボクシングのプロモーターとして知られるフランク・ウォーレン氏は6日、WBCヘビー級王者タイソン・フューリー(写真右)とデオンテイ・ワイルダー(同左)の再戦を無観客で行うことはあり得ないと断言した。米ネバダ州ラスベガスにて2月撮影(2020年 ロイター/Steve Marcus)

[ロンドン 6日 ロイター] - ボクシングのプロモーターとして知られるフランク・ウォーレン氏(英国)は6日、世界ボクシング評議会(WBC)ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)とデオンテイ・ワイルダー(米国)の再戦を無観客で行うことはあり得ないと断言した。

フューリーとワイルダーは今年2月に2度目の対戦を行い、フューリーが7回TKOでワイルダーから王座を奪った。3度目の対戦は今年7月に米ネバダ州ラスベガスで実現する予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期となり、早くても11月ないし12月までは行われない見込みだ。

英国では7月から無観客でのボクシング再開を目指しているが、ウォーレン氏は英BBCに対して「ビッグネームは参戦しないだろう」とコメント。「フューリー対ワイルダー戦の無観客での実施はノーチャンス」との見方を示した。

なお先月には別のプロモーターのボブ・アラム氏が、ボクシング興行でのチケット収入の重要性に言及。前回のフューリー対ワイルダー戦ではおよそ1700万ドル(約18億円)のチケット収入があったことに触れ、「どうやって補填するのか。無理だと私は思う」とトップランクボクシングのインタビューで答えたうえで、「2人の対戦は観客を入れることが可能となるまで数カ月は待たなくてはならないかもしれない」と語っていた。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below