September 17, 2018 / 1:08 AM / a month ago

ボクシング=アルバレス勝利、ゴロフキンはプロ初黒星で王座陥落

[16日 ロイター] - ボクシングの世界ミドル級タイトルマッチが15日に米ネバダ州ラスベガスで行われ、元2階級王者のサウル・アルバレス(メキシコ)が世界2団体(WBA、WBC)統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)を判定で破った。

 9月16日、ボクシングの世界ミドル級タイトルマッチが15日に米ネバダ州ラスベガスで行われ、元2階級王者のサウル・アルバレス(写真)が世界2団体(WBA、WBC)統一王者のゲンナジー・ゴロフキンを判定で破った。15日撮影(2018年 ロイター/Joe Camporeale-USA TODAY Sports)

判定は2人のジャッジが115─113、もう1人が114─114という僅差だった。ゴロフキンはアマチュア時代の2005年以来、プロ転向後は初となる黒星を喫した。戦績はアルバレスが50勝(34KO)1敗2分、ゴロフキンは38勝(34KO)1敗1分。

両者は昨年9月にラスベガスで対戦した際に物議を醸すドローに終わり、今年5月に再戦予定だったが、アルバレスの薬物陽性反応を受けて一旦は試合中止となっていた。

アルバレスはリングサイドでのインタビューで「非常にタイトな試合だった。ノックアウトを狙ったが、難しい。彼は偉大なファイターだが、最終的には私が勝利した。とても興奮しているし、感情が高ぶっている。信じてくれた人たちに感謝したい」と話した。

一方、米スポーツ専門局ESPNによると、ゴロフキンは「ジャッジによって勝利はカネロ(アルバレス)のものになった。ファンには非常にいい戦いになったと思う。私としては彼を上回っていたと思っている」とコメント。ESPNのボクシングアナリストもゴロフキンの見解を支持し、誤った判定と主張している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below