Reuters logo
北米映画興行収入=「ボス・ベイビー」首位、「美女と野獣」2位
2017年4月3日 / 04:00 / 8ヶ月前

北米映画興行収入=「ボス・ベイビー」首位、「美女と野獣」2位

[ロサンゼルス 2日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、FOX配給、ドリームワークス製作のアニメ映画「Boss Baby(原題)」が初登場首位で、4900万ドル(約55億円)を稼いだ。

同作品は赤ちゃんが主役のコメディーで、声優陣はアレック・ボールドウィン、トビー・マグワイヤ、スティーブ・ブシェミなど豪華な顔ぶれ。

ウォルト・ディズニーの実写版「美女と野獣」(日本公開4月21日)はわずかに及ばず4800万ドルで、3週目にして2位に後退した。しかし、公開からの国内総収入は3億9550万ドルに達した。

初登場のSF映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(同4月7日)は興収1900万ドルと振るわず3位。士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」を原作として実写映画化された作品で、主演はスカーレット・ヨハンソン。

4位はスーパーヒーロー映画「パワーレンジャー」(同7月15日)で1450万ドル。5位はアドベンチャーアクション映画「キングコング: 髑髏島(どくろとう)の巨神」の880万ドル。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below