July 23, 2018 / 2:56 AM / a month ago

北米映画興行収入=「イコライザー」首位、「マンマ・ミーア」2位

[ロサンゼルス 22日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ソニー・ピクチャーズのスリラー映画「The Equalizer 2(原題)」が予想を上回る3580万ドル(約39億7200万円)を稼ぎ、初登場首位となった。

 7月22日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ソニー・ピクチャーズのスリラー映画「The Equalizer 2(原題)」が予想を上回る3580万ドル(約39億7200万円)を稼ぎ、初登場首位となった。2位はユニバーサルの「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(写真)。写真は16日ロンドンで撮影(2018年 ロイター/Hannah McKay)

同作は2014年の「イコライザー」の続編。前作に続き監督をアントワン・フークワ、主演をデンゼル・ワシントンが務めた。

簡単に首位を確保すると予想されていたにもかかわらず僅差で2位となったのはユニバーサルの「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(日本公開8月24日)で、興行収入は3440万ドル。

2008年に公開され世界中で大ヒットしたミュージカル映画の続編で、前作に続きスウェーデンのポップグループABBA(アバ)の曲で構成されている。

アマンダ・サイフリッド、メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、ステラン・スカルスガルド、コリン・ファース、クリスティーン・バランスキー、ジュリー・ウォルターズ、ドミニク・クーパーらが続投、新たにリリー・ジェームズがドナ(メリル・ストリープ)の若き日を演じる。シェールはドナの母親役で出演する。

3位は前週首位だったファミリー向けアニメ映画「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」(同10月19日)で、2300万ドルを稼いだ。

同作は「モンスター・ホテル」シリーズ3作目。アダム・サンドラー、セレーナ・ゴメス、アンディ・サムバーグらが声優を務める。

4位はマーベルコミックの新作スーパーヒーロー映画「アントマン&ワスプ」(同8月31日)で、1600万ドルを稼いだ。公開3週での興収合計は1億6500万ドルに達した。

公開2週目のドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画「スカイスクレイパー」(同9月21日)は、引き続き低調で1100万ドルで7位。中国での封切りを受け、配給元のユニバーサルでは海外での興収が伸びると期待している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below