October 1, 2018 / 3:09 AM / 21 days ago

北米映画興行収入=ケビン・ハートのコメディ映画が初登場首位

[ロサンゼルス 30日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ユニバーサルのコメディ映画「Night School(原題)」が2800万ドル(約31億9000万円)を稼ぎ、初登場で首位となった。

 9月30日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、コメディ映画「Night School(原題)」が2800万ドル(約31億9000万円)を稼ぎ初登場で首位となった。ケビン・ハートが原案・脚本・主演を務めた同作は、人気上昇中のティファニー・ハディッシュ(写真)が共演している。写真は先月17日撮影(2018年 ロイター/Kyle Grillot)

ケビン・ハートが原案・脚本・主演を務めた同作は、夜間クラスに通う人々を描くコメディで、人気上昇中のコメディエンヌ、ティファニー・ハディッシュが共演している。

2位はファミリー向けアニメ映画「スモールフット」(日本公開10月12日)で興行収入は2300万ドル。チャニング・テイタム、ジェームズ・コーデン、コモンらに加え、プロバスケットボール選手のレブロン・ジェームズが声の出演をしている。

3位はファンタジー映画「ルイスと不思議の時計」(同10月12日)で1250万ドルを稼いだ。ジョン・ベレアーズが書いた人気児童小説が原作で、監督はイーライ・ロス、主演はジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット。

4位はミステリー映画「A Simple Favor(原題)」。アナ・ケンドリックとブレイク・ライヴリーが共演する同作は、650万ドルを稼いだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below