October 29, 2019 / 1:04 AM / 19 days ago

英BP、ブラジル資産合併で米ブンゲとの契約目指す

[サンパウロ 28日 ロイター] - 英石油大手BP(BP.L)は、2019年にブラジルの砂糖とエタノール資産を合併することについて、米穀物商社ブンゲ(BG.N)との契約締結をなお目指している。実現すれば、2社は、2020年初めに始まるサトウキビの新生産年度に向け、共同事業を進めることができる。

BPのバイオ燃料担当責任者は、ブラジル農業調査会社ダタグロが当地で主催する業界会合で、ブンゲと契約を締結するため、中国など3カ国の独占禁止当局から承認を待っている状態だと説明。その上で「すでにブラジルと欧州連合(EU)から承認を得ている」などと語った。

BPとブンゲは7月、両社がブラジルで操業する砂糖とエタノール事業の合併を発表した。ブラジルに11カ所の工場を保有し、圧搾能力は年間3200万トンとなる見込み。

BPのバイオ燃料担当責任者は、世界の自動車業界では電動化が進んでいるが、ブラジルでは長期にわたり、エタノール消費の拡大が続くとみていると語った。

また、インドや中国など燃料の大量消費国では、ガソリンへのエタノール混合量が増加する可能性があると前向きな考えも示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below