June 15, 2020 / 9:18 AM / a month ago

英BP、石油価格予想大幅引き下げ 費用最大175億ドル計上へ

 6月15日、英国際石油資本(メジャー)のBPは、石油・ガス価格の長期予想を大幅に引き下げ、第2・四半期決算で最大175億ドルの費用を計上すると明らかにした。化石燃料からの脱却を加速する。写真は同社のロゴ。ロンドンで2014年7月撮影(2020年 ロイター/Luke MacGregor)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英国際石油資本(メジャー)のBP(BP.L)は15日、石油・ガス価格の長期予想を大幅に引き下げ、第2・四半期決算で最大175億ドルの費用を計上すると明らかにした。化石燃料からの脱却を加速する。

第2・四半期決算は8月4日に発表する予定。バーナード・ルーニー最高経営責任者(CEO)は9月に発表する事業戦略で、石油・ガス事業から再生エネルギーに事業の軸足を移す方針を示す見通しだ。

ルーニーCEOは15日発表した声明で、新型コロナウイルスの世界的流行の余波で、2015年に合意した気候変動対策の世界的枠組み「パリ協定」に沿った低炭素社会への移行が加速すると予想。

「パリ協定に沿った世界を目指す取り組みが強化される可能性と影響を反映するために価格見通しを見直した」と述べた。

最新の予想は、北海ブレント原油先物の2021─50年の平均予想が1バレル=55ドル前後、ヘンリーハブ天然ガス先物予想は100万英国熱量単位(BTU)=2.90ドル。同社広報担当者によると、従来予想から約30%の下方修正。

また石油・ガス関連事業での二酸化炭素排出にかかる2030年の納税額予想を1トン=40ドルから同100ドルに引き上げた。

この結果、第2・四半期に税引き後非現金費用・償却として130億─175億ドルを計上する見通し。

また初期探査段階の石油・ガス事業を一部見直す方針も示した。

BPは先週、事業の軸足を石油・ガスから再生可能エネルギーにシフトさせる戦略の一環で、世界従業員の約15%相当を削減すると明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below