December 23, 2019 / 11:27 PM / 3 months ago

ブラジル、金融危機下の銀行規制巡り法案 最終手段で公的救済も

[ブラジリア 23日 ロイター] - ブラジル政府は23日、金融危機下における銀行規制について中銀が策定した法案を議会に送付した。危機対応の最後の手段として、公的資金による救済を認める。

法案が可決されれば、金融機関の規模によって異なる2つの新しい制度が創設される。

1つ目の制度は国内銀行システム全体のリスクとなる大手行が対象となる。対象行を選定する基準は二次的な法律で定められる。

もう1つの制度は中小金融機関が対象で、幹部や取締役の解任が柱となる。損失が生じた場合には会社や株主の資金保護が優先される。

それが不可能な場合、各行が資金を拠出する保証基金を活用して損失を埋め合わせる。

それでも対応できない場合、最後の手段として政府が介入し、公的資金による救済に乗り出す。

ブラジルでは現在、財政責任法により、政府による銀行救済が禁止されている。ただ、金融危機の際に財政責任法の規定を迂回(うかい)する法案を通過させて公的支援を行うことはできる。

ブラジル中銀の担当者は法案について、金融危機下での政府の対応を見直すとともに、金融業界が自ら負う損失補償の責任を拡大し、納税者の負担を軽減する狙いがあると説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below