November 28, 2019 / 1:47 AM / 17 days ago

ブラジル中銀、当座貸越型ローンの金利上限導入

[ブラジリア 27日 ロイター] - ブラジル中央銀行の金融政策委員会は27日、銀行による当座貸越型ローンの金利上限を設定した。消費者の金利負担を抑える取り組みの一環。

同委によると、新たに設定した金利の上限は月8%、年率で150%。現在の平均は年率約306%。

金利を抑える代わりに、銀行は1月6日からの新規契約分について、融資上限が500レアルを上回る当座貸越型ローンに月0.25%の手数料を徴収できるようになる。既存のローン契約については、2020年6月から手数料の徴収が可能になる。

中銀によると、10月時点の当座貸越型ローンの残高は260億レアル(62億ドル)に上っており、融資余力は3500億レアルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below