Reuters logo
ブラジル食肉不正事件、当局が摘発工場の立ち入り検査開始
2017年3月22日 / 01:06 / 8ヶ月前

ブラジル食肉不正事件、当局が摘発工場の立ち入り検査開始

[ラパ(ブラジル) 21日 ロイター] - ブラジルの食肉加工業者が検査官に贈賄し、衛生基準に満たない肉を販売したとされる問題で、当局は21日、警察が摘発した工場に対して改めて立ち入り検査に乗り出した。

この問題では中国に続いて香港がブラジル産食肉製品の輸入禁止措置を打ち出し、欧州連合(EU)もブラジルの食肉加工施設4カ所からの輸入を停止するなど波紋が広がっている。

農務省高官は、検査が終わるまでには3週間かかる見通しだと説明した。

同高官によると、20日に中国政府からブラジル産食肉製品の衛生基準が損なわれていないと保証してほしいと要請されたことを受け、ブラジル政府が安全だと書面で回答することにしており、それに伴って中国の輸入禁止は解除される見込み。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below