Reuters logo
ブラジルCDS大幅上昇・レアル急落、大統領の汚職関与疑惑で
May 18, 2017 / 3:23 PM / 7 months ago

ブラジルCDS大幅上昇・レアル急落、大統領の汚職関与疑惑で

[ロンドン 18日 ロイター] - ブラジルのテメル大統領に汚職関与疑惑が浮上したことを受けて、18日の金融市場では、同国の国債保証コストが1月以来の水準に上昇、通貨レアルが急落している。

マークイットによると、ブラジルの期間5年のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は68ベーシスポイント(bp)急上昇し274bpをつけた。

レアルはドルに対し7%急落。

同国のドル建て国債も軒並み売られた。トレードウェブによると、2045年償還債は4.250セント下落し、3月以来の安値となる額面1ドル当たり86.425セントとなった。

ブラジルのグロボ紙は17日、テメル大統領が汚職事件で逮捕されたクーニャ前下院議長に口止め料を支払うことを承認していたと報じた。ブラジル食肉加工大手JBSのジョエスレイ・バチスタ会長が司法取引に応じて明らかにしたとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below