September 9, 2019 / 2:15 AM / in 13 days

ブラジル消費者物価、8月は前月比+0.11% 予想と一致

[ブラジリア 6日 ロイター] - ブラジル地理統計院(IBGE)が6日発表した8月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.11%上昇した。ロイター調査の予想と一致した。

前年同月比では3.43%上昇で、伸びは前月の3.22%から加速したが、中央銀行目標の4.25%は引き続き下回った。

8月のインフレ率が抑制されていたことを受け、追加利下げ期待がふたたび浮上した。

ブラジル中銀のロベルト・カンポス・ネト総裁は5日、インフレは短期・中期・長期にわたって良好に抑制されており、追加利下げの余地が生まれていると発言した。

7月の政策決定会合で、中銀は政策金利を過去最低の6.00%に引き下げた。9月18日の次回会合でも利下げが行われると予想されている。

7月に続き、8月のインフレ率を押し上げた主要要因は住宅だった。一方、対象9品目中、食品、輸送コストなど3品目は価格が低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below